スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ旅行・続きその3(車窓&街角編)

20150306 ケルンのマクドナルド

ケルン大聖堂近くのマクドナルド。

CIMG5907.jpg

こちらザルツブルグのマクドナルドは、看板もちゃんとザルツブルグしてます。

CIMG5724.jpg

バス移動中に見た、これもマクドナルド。なんとなく、面白くて。
それにしても、どこにでもあるんですね。
それにこの飛行機雲。たくさん飛行機雲を見ました。
空が広くて。
普通日本だと飛行機雲が出たら24時間以内に雨が降る、とかいいますが、
連日快晴でした。

CIMG5755.jpg

CIMG5672.jpg

アウトバーン。
点在する村の中心には教会の塔があって、まわりに家々がある。
ずっとそんな景色です。

CIMG5763.jpg

IKEA! なんだかテンションあがります。
数か所で見ました。中は日本のお店と同じかな?

CIMG5670.jpg

CIMG5669.jpg

アウディーの工場。

CIMG5830.jpg

ベンツの展示場。
ウィーンの街の入り口あたりではなかったかと。。
ガラスケースに入ったミニカーみたいに並んでいました。

CIMG5962.jpg

ただ、駐輪してある自転車がみんなかっこよかったので。
たぶんザルツブルグ。

2015-03-09 ローテンブルク-7

同じくザルツブルグの楽器店。ギター専門店かな?

CIMG6195.jpg

これはたぶんウィーンだったと思います。
ピノキオ専門店のようでした。

2015-03-09 車窓ー4

2015-03-09 車窓よりー2

帰る日は朝、時間があったので、ホテルの前にあったスーパーに行ってみました。

1e1e7a7738e23bf80ea7a8f8ede172126a475bb.jpg

チーズの棚。

1f0523beca3eb8e251e2eea894bc9f33c1d7c78.jpg

野菜と果物の棚。野菜の種類がとても少ないような気がしました。

6c38f2a5e6929bf1dc5d5c44d3e1d9074e20f4e.jpg

お菓子の棚です。まん中あたりに「MIKADO」というのがあるのですが、ポッキーです。
ヨーロッパ中で「MIKADO」という名前で出ているそうです。なぜ、MIKADO?

CIMG6215.jpg

Uのマークは地下鉄の入り口とか。
最後の日はあいにくの雨となりましたが、雨のウィーンも見られてよかったです。
あ!まん中にまたもマクドナルドの看板が!

CIMG6241.jpg

CIMG6245.jpg

そして、空港へと向かい、一路日本へ。
多少のドタバタはあったものの、無事に帰りつくことができました。


スポンサーサイト

ヨーロッパ旅行・続きその2

2015-03-09 ザルツブルグ1

なんだかちょっとだけ、ヨーロッパの景色に麻痺してきた頃です。
ここはザルツブルグ。漢字の看板が見えますね。日の丸も奥に見えてます。
日本料理店があるようです。
でも、ここでの昼食は中華でした。
みんな、今日のがいちばん食べがいがある、というかおいしい
と言ってました。

2015-03-09 ザルツブルグ

こんな街で普通に暮らしている人がいるんですね。

2015-03-09 モーツワッルト住居跡

ここはモーツアルト居住跡のアパートです。
ここに寄る前にカラヤンの家にも寄りました。
隣りにいた女の子が「カラヤンって誰ですか?」と聞いてきました。
知らないんだ・・・隔世の感あり。
知らないかもしれませんよね。

CIMG6028.jpg

ここがハルシュタット。
ここもこの時期は日本人しかクルーズになんて乗らないとか。
「おがまいねぐ!」
そうはいってもこの時期だからこその景色だったのではないかと思います。
この時期にクルーズに乗らないのは、むしろもったいないと思いました。

ここでは帰りのバスの集合場所を間違えてしまい、
走りに走るという「落ち」がつきました。

CIMG6125.jpg

そして最後に行ったウィーンです。
このシュテファン大聖堂はモーツァルトが結婚式をしたところとか。

CIMG6118.jpg

CIMG6194.jpg

シェーンブルン宮殿にヴェルヴェデーレ宮殿。
クリムトの「接吻」も観ることができました。
とても歩く一日だったのですが、日本から抱えてきた着物を着て過ごしました。
なにせ、夜は「宮殿ディナー&宮殿コンサート」とあったから。
ドレスアップした女の子もいました。
でも着替える暇はないので、朝からその格好で。
着物は、現地の人たちにはあまり反応がなく、むしろ同行のツアーの人たちに
「やっぱり着物はいいわねー」って言われました。
ヴェルヴェデーレ宮殿でクリムトの「接吻」を見た後、
地元の学生さんらしきお兄さんに
「写真、いいですか?」といわれて、(たぶん)
写真に納まりました。

20150310 オーストリア着物

でもなんというか、もうちょっときちんと着れないものかと・・。
半幅ではなくて、名古屋でいいからちゃんとした帯がよかったかな。

20150311 ルフトハンザ航空

帰ってから、チュニジアの観光客狙いのテロとか、
ルフトハンザ機の墜落とかあって、驚きました。
使った航空会社は行きも帰りもルフトハンザでしたし、
着物なんか着てたらそれこそ標的、マトですよ。


続きを読む»

ヨーロッパ旅行・続きその1

CIMG5447.jpg

初日はまず、ライン川クルーズに行ったのでした。
その前に、ワインセラーに寄って試飲とお買いものでした。
ワインセラーで試飲して日本に直接送ってもらうのです。
日本人が日本語で説明。

ライン川クルーズは、こんな寒い時期にクルーズするのは日本人だけ、
その言葉通り日本人観光客で埋め尽くされていました。
英語や日本語で説明があるのですが、
翻訳日本語とでもいうのか、どうもおかしな日本語で、
それが逆に面白かった。

CIMG5491.jpg

CIMG5492.jpg

川の水がギリギリまであって、洪水も度々あるのだそうですが、景観を損ねるからと、
堤防は作らないのだそうです。

CIMG5524.jpg

ケルンの大聖堂は前回書きましたね。
これがそのらせん階段の途中からの眺めです。

CIMG5566.jpg

そして、大聖堂を後にしました。
それから、ハイデルベルグ、ローテンブルグを経て
次の日はノイッシュバンシュタイン城。
なぜか先に大聖堂とハイデルベルグを書いてますね。

2015-03-08 ローテンブルクー6
ローテンブルクのホテルにて

20150308 ノイッシュバンシュタイン城

ノイッシュバンシュタイン城に入るには、予約した番号が電光掲示板に出たら、流れるように入らないといけません。
なにせ5分刻みなんです。
イヤホンガイドがあってブルートゥースっての?赤外線かな?
あれで日本語版を係の人が機械に飛ばしてくれるので、
イヤホーンでそれを聞きながら進みます。
中身は結構デジタルというかハイテクなんですよね。

CIMG5821.jpg

ここはノイッシュバンシュタイン城の後で寄った、ヴィース巡礼教会です。
何か会合?が行われていたらしく、
そういう場合は観光はご遠慮願われてしまうのですが、ちょうど終わったところでした。

2015-03-08 ヴィース巡礼教会

流石に世界遺産です。

CIMG5824.jpg

この夜はミュンヘンのビアホールで夕食。
イケメンのウェイターさんに一緒に写真を、とお願いした女の子、
いきなりお姫様だっこされちゃって!
そしたら、私も私もと、はしたないというか恥ずかしい騒ぎになりました。
隣りの日本人団体も「私達もよろしく」というありさま。
いやー、これはいかがなものかと・・・。

20150308 ミュンヘンビアホール

これがメイン料理。
いくらソーセージが名物といっても、ソーセージだけというのはちょっと驚き。
白いソーセージはまん中からざっくり割って食べます。皮は食べないらしいです。

ドイツはここまで。
次の日からはオーストリア。
ザルツブルグとウィーンです。
だんだん区別がつかなくなってきたころです。

人形供養&博多界隈

12月13日土曜日は、博多千年門近くの祥勝寺というお寺で
人形供養が行われました。
あら!もう1週間も前のことですね。

今年はがんばってお片づけをしていますが、
(なかなか、というより、ちっともはかどりませんが)
もうずっと、箪笥の上の貴重なスペースを埋めていた
でかいお人形ケースに入った武者人形とめおと人形?の合計三体を
お供養してもらいに行ってきました。

お薦めの D&DEPARTMENT FUKUOKAが斜め前にあるので、モチベーション的にはそこのランチが狙いですけどね。

お人形は捨てがたいです。

CIMG4793.jpg

ぬいぐるみを大切にしていて、元祖ヌイドリを自負するうちとしては
飾らない人形といえど捨てるのは忍びないです。

行ってみたら、たくさんの人。
入り口で記帳をして幾らかのお布施?志?を置いたら
奥の部屋に積まれている人形を入れたたくさんの紙袋の横に
三体のお人形を置かせてもらいました。

博多人形師の協会で祥勝寺に委託してやっている供養なのだそうです。
承天寺というお寺の一角にあります。
この頃できた、博多千年門が真ん前。
その千年門を挟んで D&DEPARTMENTがあるのです。

けっこう不思議な空間です。でもとても福岡っぽい。

CIMG4841.jpg

人形供養に行った時は、写真は撮らなかったので、
春、ウォーキングに行った時の博多界隈を載せておきます。
上は多分、聖福寺。
呉服町、祇園町界隈、全部歩いて回れる範囲にあります。

CIMG4821.jpg

まずは、博多祇園山笠の櫛田神社。
いつも飾り山が飾ってあるらしい。

CIMG4823.jpg

そのお櫛田さんの門前を走るFUKUOKAオープントップバス、のお尻。
屋根なしの観光バスです。青と赤があります。

CIMG4824.jpg

CIMG4825.jpg

博多町屋館 中は博物館みたいになっています。

CIMG4833.jpg

ここは、御笠川のほとりにある「濡れ衣塚」
濡れ衣という言葉の語源になった伝説の地だとか

CIMG4831.jpg

その時、官兵衛のお墓にも行きました。
次回、最終回だわ・・・って、今日か!


車内広告

見えますかね?

141126_2118~02

天神からの帰りの電車で、何気なく見上げたら

『やっとこっちを見てくれたね!
いつも上を向いていこうぜ!
でもおりる時は足下に注意!!』

初めて見つけたときは、一人で大受け。
その後、なかなか会えず、
何度目かの遭遇で、思い切って携帯パシャラーしてきました。

南福岡自動車学校の広告です。
この人、カメライダーというらしい。
ホームページもユニークです。
カメのゆるキャラもいるとか。

薬院駅では 『危険な恋をしても、安全運転は忘れない!』 (だったかな?)

という広告  どこ?  と思ったら、
南福岡自動車学校でした。


プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。