スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長襦袢を縫う・・・かも



母の古い着物です。
昭和初期の香り。

モスと呼ばれる薄手のウールで夏の着物なんだって。
でも虫食いの跡もあり、ちょっと着られないので
これで長襦袢を、と思っています。

母は和裁をするので(していたので)聞こうと思うけど、
なにせ90歳。

話は同じところを行ったり来たり、

「これは長襦袢にいいね~」
「だから長襦袢にするんだって」

「しるしはつけた?」
「さっきつけたじゃない」

みたいな感じで全然進まない!
だから、持って帰ってきました。

一度単衣物を縫ったことがあるけど、座学的なものをやってないので
何をどうやったのか良くわかってないのです。
でも、長襦袢なら本を見ながらでもできる、かも。


スポンサーサイト

初釜の着物

初釜行ってきました。



帯はリサイクルの新品!いい買い物したわ~、というやつです。
↓フォーチュンクッキー踊った着物です。
帯を変えて初釜に。

140112_2057~01-1

「着物一枚帯三本」っていうらしい。
なるほど、帯で表情を変えますね。
これに博多帯だとなんか芸者さんみたい、
っていうか、現役の、ではなくて置き屋のおかあさん? やだよ~~

CIMG4712-1.jpg

で、これが本日。
特になんもないけど着てみたかったので。。
手作り半幅帯です。

いやー、またちょっと着物熱が・・
先日、日本和装のイベントに行ったら、またまたいろいろと。

今頃のコートは長いのがいいそうだ。
色についても、先生が「オレンジはやめて~!」
とかおっしゃる。
私たちが若いころ、嫁入りのときに作ったのが
まさにオレンジ系の短いコート。
またはあずき色ね。

今どき、短いコートは、おかしいんだって。
日本和装の世界では、渋い色目の長いコートが今の流行りらしい。。
形も、襟元が四角い「道行」ではいかんらしい。

でも、街で見かける着物の女性、
短めのオレンジやあずき色の道行コートいっぱいいるけど、
それが、おかしいかどうかはよく分からない。
好きなの着るのがよくないかい?

あの世界の中で流行やら定番やら確立されていて、
外の世界とは一線ある気がする。

でも、あそこに行くと知らんうちに洗脳されそうになって、
つまり、つい欲しくなって、買いそうになって!
まずいんです (汗

じゃあ、行かなきゃいいじゃん、って話ですよ。
今後なるべくそうします・・・

高級品より普段着

今日、近くの呉服屋さんが閉店セールやってるというので行ってきました。

半襟とか帯締とか、小物を買って帰ろうとしてたら、
今人気の結城紬を勧められたのです。

もともとは50万ぐらいするものが288,000円で売っていて、
その半額だから144,000円でいいって!

物もいいし、きれいな薄い灰色というか銀ネズというかグレーというか
色もいいし、軽くてしなやかな
そりゃ~素敵な着物でした。

14万で結城紬が安いのは分かる!
けど、それは相対的な話で
14万円というのは絶対的には高いのです。

でも!
ひょっとするとひょっとするし!
一応母に聞いてみた。

結城紬っちゅうのを、一応持っているのだそうだ。
で、
「私だってめったに着ないのに、着ることないからやめときなさい」
だって。

ですよね~~

14万円出すなら、木綿の着物とか
1万円の「着る着物」を14枚持ってる方が
よっぽどお得
という結論でした。

ちゃんちゃん!

木綿の着物、欲しくなった!




太宰府へ、着物で電車


今日はこのイデタチで太宰府に行きました。
もうちょっとシャンと着こなしたいもんだ。
写真に写ると、年齢相応のおばあさん風 仕方がないのだけど・・・

   じゃ、アップしなきゃいいのに

言い訳すると、これは帰ってから撮ったもの、
出がけにそんなことしてたら電車に遅れる!

ちなみにこの着物はリサイクル。
背丈は同じだけど、もしかして、あなた、ちょっと太ってた?って感じ
仕立て直しなしで着ています。
ビミョ~に幅が大きい気がします。

目指すは
太宰府は九州国立博物館の
「ベルリン国立美術館展」
フェルメールの『真珠の首飾りの少女』です!

月曜でも休館ではない今日を選んだのに、それを知っている人ってけっこういるんだ~
そこそこ多かったですよ。

宗教画が中心でしたけど、ドイツ、というかベルリンらしい美術展だった気がします。

17世紀のヤン・ダフィッツゾーン・デ・ヘームという画家の
『果実、花、ワイングラスのある静物』という絵が印象的でした。

121112_1244~01
帰りに太宰府の参道からちょっと入ったところにある「古香庵」に行きました。

121112_1249~01
最近こういうところが落ち着くのは・・日本人だから・・それとも、歳のせい?









お仕立て上がり!

CIMG3693-2.jpg
しじら織りの夏の着物
自作です。
次に、仕立て上がりで買ったけど、
ちょっと大きい浴衣を作り直してます。

これがやっとできたら涼しくなって、
浴衣ができあがるころは・・年が変わるかも・・

でもやっと着物着て出かけられる季節ですね♪

夏は暑すぎて・・・

明日、着物で電車に乗って博物館に行く予定!
無事に行けるかな?
プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。