スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料招待旅行の顛末

近所のスーパーの無料招待旅行に当たった。抽選に当たるということがめったにないので、喜んで友人と出かけた。温泉に行くにしては、ちょっと行程がいびつだなぁ、という懸念は置いといて・・。

朝8:00出発。これはまあ順当。
ところがまず30分程行った所の、毛皮と革製品の製造販売工房とやらに寄るというのだ。
手馴れた感じで案内されるままに奥の部屋に入ると、テープレコーダーのスイッチを入れたように、お兄さんが革製品について説明を始めた。話の途中、適当に笑いを織り交ぜ、おばちゃん受けのするギャグも飛ばして
「お二階のほう、3000点の商品、並べてございます。着てみるだけならタダですのでネ、ぜひお袖通されてみてください。」 だって。
なんか、なんとか商法みたいじゃない?

二階には、なるほど高級毛皮、革製品、ムートン、ショールなど所狭しと並んでいた。ここで30分も時間があるのだ。じゃぁまぁ 着てみるか、タダなんだしと、袖を通すと、すかさず女店員がやってきて
「こういったものは出会いですからね。」
などと言う。値段は、30万とか50万、60万。でもだんだん、
「この色がいいね」
とか
「これよりこっちの丈が着やすいよね」
とか言ってる私。
ショールを羽織ってみるとなかなかいい。するとまた女店員が
「一生ものですからね。4500円のローンにすれば24回で自分のものになりますよ」
だって!
家のローンじゃあるまいし、自分のものになるという言い方も変だと思うけど・・。
そこにいると、10万のカシミアのショールも高くないような気になるし、ちょっと欲しくもなる。危ない危ない。

結局は、無事にその場を切り抜けてバスのたびは続く、となったんだけど、1時間半ほどもバスに揺られて、次に着いたのはカステラのお土産やさん。時間はすでに12時近く。「ん10万」の品物を見たあとだからカステラのお土産、飛ぶように売れてるさ。

1時近くにお昼を食べて、また40分ほどバスに揺られて温泉へ。
2時間ゆっくりしたら、また、今度はバス&船にて、帰路に着いた無料招待旅行だった。
ひたすら乗り物に乗ってた気がする。
帰着は、予定ピッタシの19:20。

それでも、あの毛皮やさんで買ってる人も何人かいたから、招待した側は、無料招待の分を案外取り戻してるのかも。
あの「ん10万」の中に旅行代金、含まれてるのかも。
どういうからくりになっているのでしょうねぇ。

温泉は気持ちよかったから、まぁいいか。これで、温泉がしょぼかったら怒ってるよ、ほんとに。
スポンサーサイト

全校集会というもの

このごろ、また立て続けに少年犯罪が起きましたね。
兄弟間の殺人や殺人未遂・・なんともいえない事件ばかりです。
こういう事件があると小学校や中学校では、「全校集会」というのがあって、「命の大切さ」についての話とかがありますよね。それは学校としてはセオリーだしやらないわけにはいかないのだろうけど、
「全校集会」っていったい・・・!です。

全校生徒を集めて、とにかく集めて座らせて、話をする。
でも、いったいどのくらいの生徒が真剣に聞いているのでしょう。「早く終わらないかな」とか「このあとアイツとあの続きやろう」とか「うざいな~」とか・・・とりあえずやらないわけにはいかないでしょうけど。あれで、命の教育をやりました、なんていわないで欲しい。聞いてる生徒の方が少ないし、聞いていたとしても、どんだけ心に響いたかは限りなく疑問。

今の子供たちに欠けているのは、コミュニケーション能力ではないでしょうか。
昔のように、毎日子供だけで遊ぶ世界が、今はもうありません。さまざまな年齢の子供たちが毎日、自分たちのルールで、大人の干渉なしに築き上げていた子供だけの世界。喧嘩の仕方、仲直りの仕方。さまざまなことを肌で学ぶ、とても大事な世界でした。自然に甦らせるのが無理なら、人工的にでもあの世界を構築する必要があるのではないでしょうか。子供たちを体育館のようなところにただ集めて話をしても、心に届くとは思えません。
教育者の側になった大人は、どんな子供時代だったのか。それは参考にはならないのでしょうか。

事件のたびに、「全校集会」という言葉を聞くたびに、そんなことを考えるのです。

スタイルカタログ007

城島選手、FA獲得!


城島選手が先日、FAを獲得してしまいました。
国内移籍はなしと断言しましたね。 大リーグは?
‘望まれる選手になりたい’ということは向こうから誘われたら、ってこと?欲しければそっちから来い、とも取れる発言かと・・・。
相変わらず言いたい事を言うなぁ。

城島がいなくなったら、淋しいな。それにキャッチャー誰がやるのさ。困るよぉ。
でも、やっぱり大リーグには行きたいよねぇ。
王監督も本心は、きっと行かせてあげたい、と思ってるんじゃないかな。
小久保の移籍の時も、村松や井口の時もなんとかチームを立て直してきたけど、キャッチャーですよ。大ピンチです。
城島ってほんとに、ホークスの顔でカナメだったんだ。
最後のオールスターになるかも・・だって! それを聞いたら えーっ という気になった
来年のストーブリーグが今から心配です。

長嶋茂雄様、復帰おめでとうございます。なんか、天皇陛下みたいだった。しかたないか、彼はある意味神様だから。広島のホームランバッターを褒めるあたり、ジャイアンツ云々じゃなくて、基本的に「野球人」だ、というのがよく分かる。そこ辺が、ナベツネがジャイアンツファンではあっても野球好きじゃないところと根本的に違う点。  

長嶋さん、ジャイアンツ負けたのに、ほんとに嬉しそうで、楽しそうだった。

スタイルカタログ004
プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。