スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルのミニショートフィルム


This is itに反応なくて
(ツインズママさんとは一緒に行ったけどね♪)
DSCN4193.jpg
そうか、マイケル世代って・・・そうかぁ・・
とか、思ってるところです。

最近、テープ起こしの仕事がドッと来て
パソコンに向かって、そこそこ忙しい日々なのです。

ちょっと仕事に疲れたとき、ネット開いて
「This is it」のホームページへ・・・
予告編見てパワーアップしてます。

もう映画は終わったけど、
DVDの商品情報としてまだあるんです。
けっこう満喫できますよ。
ミニショートフィルムって感じです。
ぜひ、どうぞ!  ぜひ!

開いてしばらくすると真中に予告編が出てくるんです。
予告編画面の右上あたりの■を押すとフルスクリーンになります。
仕事でヘッドフォンしてるから、大音量で聞くんだ~~

私もそんなに特別ファンだったわけじゃなくて
ほとんど忘れてた、に等しいんだけど
やっぱり圧倒的です。
スティービー・ワンダーが
「私たちも必要としていたけど、神はそれ以上に彼を必要としていたのでしょう」
と言ったそうです。

・・・かもしれない


マイケルの訃報が流れた時
息子がそのことでわざわざ電話までしてきたから、
「映画、よかったよ~!」
とメールしたら
「そこまではよか、世代が違う」
と冷たい返信。

ライブインブカレスト、買っておきながら。。

DVD買うもんね、というと
貸して~~だって。


じゃ、仕事しようっと


スポンサーサイト

満身創痍

実は最近、あっちこっち痛いのです。

10月の終わりに舌の先に口内炎(厳密には舌炎?)ができ、

着物の着付け教室の初日に右腕を回し過ぎたのか、
普通やらない動きをしたからか、
右腕が上がらなくなって・・・

それから・・・これはちょっと言いたくないけど「○゛」が変な感じで

ある晩、口の中と肩と○゛が痛くて眠れないほど。。

11月に入って肩にまだ痛みがあるくらいにまで回復してたのですが。。

22日のことです。
ホークスファン感謝デーのチケットを頂いたので、
朝からいそいそ洗濯してたんです。

洗濯かごを覗くと

あ、あれ?

腰が  

もう一度かがむと

グキっと うっそー!

マジで~~

その日は何とか立つとき痛いぐらいですんだので
20091126140806.jpg
↑いまいち活躍しなかった松中君
とにかくヤフードームへ!
なんと特等席、最前列で、
今年ちょっと不甲斐なかった彼らを叱咤激励に行ってきました。

それから数日、椅子から立つときの痛いこと!
かがめないので、タンスの一番下の引き出しが引けない!

こうなるとお風呂もトイレもけっこう大変なんですね。
食洗機使うのも厳しい。

ちょっとかがめないだけなのに、
なんと生活に支障の出ることか。

この上インフルエンザでも貰ったら大変じゃ~




せっかくの「THIS IS IT」なのに・・・


「THIS IS IT」
前売り券でこんな待ち受け画面がもらえちゃいました。

あの悲報以来、改めていろいろな映像を見ては
そのあまりの才能に
―― きっと、もう人として存在することが苦しかったんだ
    だって、人間の域を超えている!
などと思ってみたり。

あのブカレストを超えるものすごい公演になるはずだったみたいです。
もうこの世にいないなんて

デビュー30周年記念の時より
昔に近い雰囲気で、
これが未完に終わってしまって
本人もさることながら、スタッフ、共演者・・・どんな思いだったことか。

新しい演出でスリラーも予定されてたようです。

そしてビートイットも。

それがですよ・・・
―― ビートイット
子供たちが小学校の頃、NHKの教育テレビで
「ハッチポッチステーション」ってやってたのご存知ですか?

あの中でいろんなロックの名曲を童謡の替え歌にして歌うコーナーがあって
こともあろうに「ビートイット」を「ヤギさんゆうびん」に替えたのをやってたんですよ。
子供たちはお気に入りでした。
それがダンスもついててなんか違和感なく、
というかよくできていて。

子供たちは、そっちから入ったので本物を聞くとどうしてもそれを思い出すという、ね。。。
記憶の順から、そっちが元歌になっているわけです。

映画の中でビートイットが始まって、あの印象的なダンスもあって
・・・でも、どうも変な気分なわけですよ。
なんと、頭の隅でグッチ祐三さんが「ヤギさんゆうびん」やってるわけですよ、これが。。

全くどうしてくれるんだよ!

あのコーナーでいちばんの出来は「ボヘミアンラプソディー」
クィーンの不朽の名作の!
それからベイシティ・ローラーズの「サタディーナイト」

動画を張るほどでもないでしょう。
もし、ご興味のある方はYOUTUBEで簡単に見られますよ。
ハッチポッチも、それはそれで名作なんだけど・・・トホホ

おまけ:
 「THIS IS IT」 上映期間も延びたことだし、
 もう一度行こうかと思ってます。
 はりきって近い席を取ったら、ちょっと近過ぎました。 
 今度は水曜のレディースデーに、適当な距離から、
 もう一度マイケルに浸りに行くつもりです。

松井MVP!

すごかったですね。

ワールドシリーズ第6戦、
始まったらすぐ、篆刻に行く時間になってしまって・・・

帰ってテレビつけたら
「7点中6点をたたき出した松井!」
とか言ってる。

試合の最中のMVPコール
凄すぎだよ。

あと一人、あと一球になっても
松井の表情は変わらなかった。
いたって普通・・・
それがなんだか凄かった。
侍みたいだった。

松井と言えば、
 夏の甲子園で全打席敬遠という経験の持ち主です。
 一度も勝負してもらえないままその試合で敗退。

 光に満ち満ちているはずの高校時代の一ページを
 強打者であるがゆえにそんな記憶で塗られてしまった松井。
 でも、そんなことにイチイチこだわっていたとしたら
 今の彼はきっとないでしょうね。

 その試合の関係者のその後には数々のドラマがあったようです。
って、ちょっと話がそれました。

ベンチで勝利を待つ間のあの表情。
あれは 「サムライ」  でしょう、やっぱり。
イチローの打席でも「サムライ」を感じますよ。
日本人の血でしょうかね。
・・・道みたいな、  野球道? ちょっとダサいか?

骨折や手術、いろいろあったのに
自分の境遇に腐ることなくやるべきことをコツコツとやる。

「苦しくはなかったですよね」 だって!カッコいい~

イチローの言葉にも
「199本目までがなければ200本はあり得ない」
というのがあるんです。 カッコいい~

この、当たり前のことの凄さ、う~ん、凄い!

何言ってるかわかんなくなってきたけど、伝われ~~

しかし、これでいよいよ今年の野球もあと1or2試合を残すのみとなりましたね。
日本シリーズですがな。
梨田監督に勝ってほしいような、そろそろジャイアンツでもいいような。
どっちでもよろしい。。  よそのチームのお気楽な日本シリーズですわいな。
わがホークスにも、この季節まで野球やっていてほしいです。

nimocaカードで珍道中

card01.gif
プリペイド式の乗車カード「nimoca」です。

先日友人と、とある田舎の駅で電車に乗る機会がありました。
特急が行った直後でちょっと焦り気味。
もう電車は止まっています。

nimocaの残高がないのよ~~
と焦って財布をみると5000円札しかなく
大慌てで券売機でチケット買って、
お釣りの4000円を財布にしまうのももどかしく
握りしめたまま、
「早く、早く!」
って乗りこみました。

「間に合った~~

大汗もので席を確保。
といっても、田舎の駅で客は何人も乗っていません。

よかったよかった。
と、はしゃいでしばらく・・・
発車する様子なし。
何時発なわけ?

なんと発車まではまだ15分以上あるではありませんか。

さらに、しばらくして、
「ねえ、nimocaって、残高がなくても入札はできたんじゃない?」
「!だよねぇ~!」

nimoca買った時も……

西鉄の場合、久留米⇔天神ならパルチケットといって
6枚つづりのチケットがいちばんお得なのですが、
先日途中の駅に用があり、
お買い物でポイントもたまるならと
nimocaを買いました。

nimocaを買って、
nimocaを券売機に突っ込んでnimoca払いでチケットを買って、
チケットで乗った、というね。

二度手間~~

北海道なら「Kitaka」
関東は「suica」
関西は「ICOCA」
JR九州のは「SUGOCA」
福岡の地下鉄は「はやかけん」

ネーミングでも注目を集めてますよね。

東京で息子にsuicaを買って、
そのsuica払いで私のチケットを買ったりしたから…

そして改札で、スイカの絵の描いてあるsuica専用機で
「チケット入れる穴はどこ?」
などと焦ったりして。
東京にも自動改札にも不慣れなはずの息子があきれ気味に
「こっちやけど」

もう!
こんなもの!使いこなしてやる!



ミニバラ、咲く♪


ガーデニング友達にもらったミニバラ・・たしかアイスブルー・・の枝を挿し木したら、
ちゃんとついて、花を咲かせてくれました♪
アイビーも、これ紅葉?秋の色合いになっています。
DSCN4183.jpg
雑然としているだけのようでもありますが・・・
わたし的には、ちょっとずつ理想に近づきつつあるベランダです。
コニファーの向こうに一本シンボルツリー的なもの、
たとえば、シマトネリコみたいな常緑の低木があったらいいな~
え!まだ増やす気?
DSCN4185.jpg
今年はなんやかんや増やしすぎのきらいもありましたが、
楽しいベランダガーデニングでした。

ところで、
11月2日は風も強く寒~い一日でしたが、
2日前の10月31日は、気温が27度までも上がって夏日だったんですよ。
それに、このところずっと黄砂なのか景色も霞んだ日が続いていました。
DSCN4179.jpg
遠くの山やビルがいつもこんな感じ。

東京に行った息子が
「東京の空は青い!」
って言うんです。
・・・たしか「東京には空がない」んじゃなかったっけ?

今や10月の夏日も、秋の黄砂も珍しくなくなってきました。
それって、なんかヤバくない?




プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。