スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストンレッドソックス 優勝!

上原君と田澤君の大活躍で優勝しました、ボストンレッドソックス!

田澤君は日本球界にいたことないからちょっとなじみが薄いけど、
すごい!
満塁のピンチを2球で抑えた!
直接大リーグに行った人だからいろいろ言う人もいるけど
いいんじゃないかな、やりたいようにやって成功してる。
大谷君も行った方がよかったんじゃない?

がんばれ田澤君!

上原がジャイアンツにいたころのことは
実はあんまりよく知らない。

ペタジーニに対して敬遠の指示で歩かせた時に
悔しがってマウンドで泣いたのは覚えてる。
松井とホームラン争いをしていたからだって・・
それまで打たれたことはなかったのだそうだ。

マウンドで泣く!
その時は、かわいいな~って思ったっけ。
究極の負けず嫌いだって。

あんまりジャイアンツのことが好きではないらしい・・
いい人なんじゃない?

もう38歳、見事な火消し役。
しかもリーグ優勝決定シリーズからずっと痺れる場面で投げ続けてる。

CIMG4353-1.jpg

あのボストンで、ワールドシリーズ優勝の瞬間にマウンド上にいるなんて!
凄すぎ。

やっぱり、ワールドシリーズって
面白い!面白かった~~
って、今日はそこそこ忙しいのに・・・


ところで昨日は何?楽天の継投。なぜあそこで新人?
ジャイアンツなめちゃいかんよ、星野監督!
阿部を起こしてどうすんの!せっかく寝てたのに。。

今日は期待しよう!
スポンサーサイト

後ろの会話

昨日はサガン鳥栖
好調セレッソ大阪に2-0で完勝!イエ~イ

それはいいのですが、
帰りの歩道橋でのことです。

あまり大きな歩道橋ではないのですごい混雑です。
といっても、人が多くて時間がかかるだけで整然と進みます。

すると後ろからこんな会話が聞こえてきました。
「橋でさ、圧死?事故があったじゃん」
「は?何の話かさっぱりわからん」
「こんなような歩道橋で、花火大会で、人が多くて何人か圧死したことがあったやろ?」
「そんなんあったん。知らない」

え~!あの事故のこと知らないんだ!(心の声)

「あったよ」「いつ頃?」「だいぶ前」「どこで?」「どこだっけ」

明石だよ!(心の大声)

もう10年ぐらい前。
明石の花火大会で人が亡くなって、裁判になっておおごとになった。
助けた若者が、最初扇動したとか疑われて、大変だったんだよ。
それで筑後川の花火大会も、その年は安全対策でもめて
延期になって、開催が2カ月ぐらい遅れたし、
小森野まで会場が広がるきっかけになったったい。
知らんのかい!

と振り向いて教えてやりたい衝動にかられました。

「そんなんホントにあったん?ググっていい?」

はよ ググらんかい!

口笛が流れる港町

チャンネルを変えていたら、
BSプレミアムがチラッと見えた。

青い服を着た女性が波止場と思しき所に佇んでいる。
CIMG4315.jpg

こ、これは!
見るからに、昭和の「渡り鳥」的画像
(私だってさすがにリアルタイムで知っているわけじゃなくて・・と、弁解)

女性はあり得ない程セットしたての髪に
かっちりしたハンドバッグを提げ、黒いハイヒールを履いている。
いくら昔でも、こんなきっちりした人、世の中に実際には存在しないゾ。

ちょっと引くと画面左手に
角材?鋼材?
なんか四角い資材の山があって、その上に
CIMG4316.jpg

な、なんと!
ギターを抱えた男が座っているではないか!
ギターをポロリン♪

出た!これが小林旭だ。

びっくりした~
ちょっと、どこ座ってんのよ!って感じ。

ここで、先ほどの青い服の女性が言った言葉にまたびっくりした。

 「あなたって不思議な人。時々とんでもないところにいるのね」

え~~!
それ、言っちゃっていいの?

もっと引いたら、港湾労働者のおじさんがドドーッとやってきて
「どっから登ったんだよ、ったく、あぶねぇじゃねぇか、どいたどいた!」
とか言いそう。

だめだ。
こういうの笑わずに見られない。
もう、コントにしか見えない!

この場面を一瞬見ただけだけど、笑えて仕方ないのでした。。


確認したら  『口笛が流れる港町』 


で、なんで画像があるかというと、
あったのです、渡り鳥シリーズ全作品!恐るべしTSUTAYA

映画の続きは追記で見てください。あらすじはナシですが。

でも、案外面白かったのです。
何もかもあり得ないけど、なるほどカッコ良かったのです、小林旭さん。

これは1960年の作品。昭和35年です。戦後わずか15年ですよ。
日本、頑張ったんだな~と思う。
まだ世の中は深刻な公害を伴うことも知らずに
高度成長期に向かってこれから爆走という時代の映画ですよね。

いろいろ考えていたら、ちょっとした【考察】書けそうです。

でも、やっぱり
渡り鳥ったって、旅人!荷物は?
幾らなんでも裸のギターだけっていうのはねぇ。
生ギターをケースにも入れんと、雨降ったらどうすんの?

もー、突っ込みどころ満載。


続きを読む»

トネリコと三世帯住宅

131017_1301~01

トネリコだ!
さんざん探して、飽きちゃってたトネリコ。

友達のマンションのベランダです。
  
やられた!


友達はご主人と探しに行って、
「どうせ決められないんだから、これで!
えい!っと男の決断!

かどうかは知らんけど、
とにかくご主人のひとことでゲットに至ったそうです。

ガーデニングがマイブームだった頃、さんざん探して決められなかった。。



この右上の素敵なランタンは、
太陽光で蓄電しておいて、暗くなったら溜めた電気が切れるまで灯るのだそうです。

ただし、ろうそく本体が! (いいのいいの)

消し忘れる心配も、電気代の心配もいらない上に、
なんか素敵で・・バッチリだね!

要するに、出し抜かれたわけ。


ちなみに、ここんちのS君とうちの娘、つい最近お付き合いを始めたもよう。。

小学校時代の仲良しで、あのころ、
「けっこんしよー」
「うん、けっこんしよー」
とか言ってたのが、現実味を帯びてきたというお話!

じぇじぇじぇ~! (って、すでに古いか?)

小学校1年生の頃
「S君がね、おうち建ててくれるって!」
とか言ってた。
「いいねぇ、お母さんも一緒に住んでいい?三世帯住宅、お願いね~」
って。

頼んだよ、S君!



しかし、今 トネリコって・・・

MLB ワールドシリーズ 放送予定

今日は用があって、見られなかったレッドソックスのリーグ優勝決定の瞬間!
昨日まで見てた。
今日もし負けても明日がある。
そして今日勝てばワールドシリーズ!

だから今日見られなくてもいい、と思ったわけ。

川崎君がゲストで来ていて、面白いコメントしてた。
野球がさらに面白くなった。

クライマックスも日本シリーズも面白いけど、
見逃せないのがやっぱりワールドシリーズなのですよ。

で、今日勝ったのなら上原が出場するワールドシリーズは??
とNHKの番組表を見てみると

ない!ないのです。
うそやろ!

思わずホームページの質問欄に書き込みましたよ。

これからというときになって、
ここまで来てどういうことでしょう?
って
上原君はMVPなのに?

そしたらすぐ返信が来ましたよ。
さすがですわ。

やるそうです!

そりゃそうでしょうよ。
脅かさないでよ、もう。
よかった~

日程がはっきりしてから番組表に載るとか
あ、そうか!

野球の醍醐味を皆さまも、ぜひ。
川崎君またゲストで来ないかな~~

HAWKSファンである前に、野球ファンなのだ!




《アントニオ・ロペス展》 8月の話

CIMG4273.jpg
《グラン・ビア》
スペインの街なのに、涼しい風を感じる。
毎年、夏の朝6時半にこの通りに来てその空気ごと描いたという。

CIMG4272.jpg
《マリアの肖像》
これは鉛筆画。
この緻密さ。

他にも驚くべき鉛筆画がたくさん展示されていた。

《バリューカスの消防署の塔から見たマドリッド》
も印象的な作品。
とても大きな画面で、まるでその場にいるようだった。

グラン・ビアもそうだけど、
離れて見るとリアルな、まるで写真のような印象なのに
近づくと粗いタッチに驚かされる。



今年の夏、長崎県美術館で開催されたアントニオ・ロペス展。

目の手術前に、ちょっと慌てて行ってきた印象の長崎県美術館。
今年の夏は、なんだかよく出歩いた気がする。

もしものことなどまずないだろうけど、
手術直後には見え方もきっと違うと思うと、8月25日までの会期中
5日に行くしかなかった。
少々無理しても、見たかった。

行ってよかった。
気持ちが軽くなるような、ちょっと遠い所に飛ぶような。
魅かれる点は、

「ただ、淡々と描いている」

というところかな。


美術館もきれいで、ショップも楽しくて危うく特急に乗り遅れるところだった。

長崎は住んでいる町からもそんなには遠くない。
いい展覧会が来たら割と簡単に行けることも認識。
また行こう。



センチメンタルジャーニー in 京都


まぁ、センチメンタルジャーニーなんだけど、まずは腹ごしらえ。
かの有名な京都三条の「イノダコーヒ本店」です。
お上りなのでわざわざ・・・三条本店へ。

大学の友人との、ナント30年ぶりの再会&旅行です。

大学2年の頃、京都に住む友達と4人で京都旅行をしたとき、
毎朝わざわざ、ここで待ち合わせしました。
ずいぶん大きなお店になったものです。

そこから東福寺へ
ここは広くて、それにガイドブックもちゃんとチェックしてないので、うろうろ。
二人とも性格変わってない、大ざっぱ。
CIMG4230-1.jpg
ここって、鬼平犯科帳!って、
何でもテレビ番組に置き換えるのやめてくれる?(心の声)
紅葉の頃はすごいでしょうね。景色も人も・・・
CIMG4235-1.jpg
でも、ちゃんとこの方丈の庭にもたどり着きました。

CIMG4237-1.jpg
こんな素敵なところもありました。

CIMG4240-1.jpg
新しい京都は、駅も見逃せません。

30年ぶりとか言ったって、全然!昨日も会ってたようなノリ。
そういうものです。
夜は2時までおしゃべりしてました。

来年○暦同窓会を計画しようと思って・・。
なぜ、センチメンタルジャーニーかというと、
彼女にも私にも、学生当時だれにも話していなかったことがたくさんあって
それを暴露する旅でもあったからです。

それに、この夏ちょっと・・ まあいろいろあって。
・・分かるやつだけ分かればいい。

やってみるとおもしろい。出るわ出るわ。。
え~~!そうだったの!
とか
あったあった!そうそう!
とか
ま、センチメンタルはチョビットだけね。

こうして30年後に、元気に京都に来れただけでも幸せというものです。
結局はそこ!

CIMG4243-1.jpg
二日目は、清水寺。いつ以来?
その、大学2年の京都旅行以来です、たぶん。
この前の台風で裏はかなり崩れていたようで、修復中でした。

CIMG4244-1.jpg
ここは、たぶん三寧坂・・たぶん
京都っぽ~い
CIMG4255-1.jpg
で、こっちが二年坂・・たぶん
ここも、京都っぽ~い
CIMG4260-1.jpg
こちらは石塀小路
ここも、いろんなサスペンスで見たことある~~

だから、テレビドラマに置き換えてみるのやめなさ~い。。(心の声)


プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。