スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには篆刻


印が小さいのでちょっと額との大きさ、紙の大きさとのバランスが悪かったようです。
これを年賀状に使うことにしました。
それでも、もうあせった方がいいかも・・
DSCN1539.jpg
これ↑が修正した印のアップ。
ほとんど変わってないけど、ここら辺↓がほんのちょこっとだけ変わっています。
20061023103537.jpg
あんまり分からんね。
この次には、手を加えたらバッチリ変わった!っていうものをアップしなきゃね。
ちなみに、印のしたの文字は今回練習する時間もなく、先生に入れてもらいました。
こんなにステキな字は書ききらん。
引き続きグループ展の時の作品です。
DSCN1615.jpg
『美意延年』の久留米絣バージョン。
やっぱりこの大きさの額ですよね。
DSCN1616.jpg
ちょっと前に彫ったもの。
やっぱりこの額にはこのくらいの大きさの印が落ち着く。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

kana2さんへ

おはよう!早いねぇ~
ご指名ありがとう
博多弁でヨロシク とのことですが、私は厳密にはSAGA県人なのよ。
佐賀と博多、筑後も微妙に違うモンね
言語的には佐賀は長崎に近いです。
SAGA弁でよろしいかしら?
って、あっちのコメントにこっちで答えてる!
完成した年賀状も見てもらおうかな~~

篆刻経験

高校の美術の時間に1回だけやったことがあります!
私の名前の漢字を彫りました。
難しくない字だったので、簡単だったけど、出来上がりは複雑な字のほうが見ごたえがありますね
「美意延年」
なんだか素敵な年賀状になりそうですね!
ところで、今日の私の記事の中にフィフティさんの名前がチラッと出てきています。
実は方言バトンで…フィフティさんに何気に振ってしまったんです(笑)
まぁ「気が向いたらやってみる?」って感じでいいです。
やる気がなかったら「そのうち…」と言って放っておいてくれても…←いい加減やなぁ
ということで、チラッと見に来てね~
今日の記事はコチラです
    ↓
http://blog.goo.ne.jp/hanaday/e/3ef80956d0327b719774b31781b62688

Rさんへ

う~ん、彫りなおせるけど
白文なら太くはできる朱文なら細くはできる
どっちにしても彫りすぎちゃうともう元に戻らない
あたりまえか・・・

新発見

額に入ると、まさに作品って感じになりますね。
久留米絣、あったか~い感じがしていいなぁ~。
篆刻ってそうか、彫りなおすことができるんですね。新発見!

めるめるさんへ

額の影響!そうなのよ
バックの色とかもね。
ステキな言葉を教えてもらって、感謝ですよ!
名前出ちゃいましたね。まぁいいか。
当たり、倫子です内緒だけど。

misaさんへ

「倫」自分で彫りました~
週に二回ですよ。
教室のほかにも自分でいろいろ創作すればいいのでしょうが、
行った時だけになりがちです。
今度一文字に挑戦しようと思ってます。
誰かさんの影響!

きゃ~嬉しい♪

出来上がりを見せてもらって、感動してます。
この文字を見ると、あの時のブログのことを思い出すし、フィフさんと繋がってる~って思えるもん。

どこがどう違うとか、素人目には全然わからへんから、赤丸を付けてくれて、そう変わったのかぁ~とわかりやすくなったわ。
かと言って、どちらがええのかの判断はつきませんが・・・。(汗)

久留米絣、渋いね~。
やっぱり額って影響大きいよね。

で、フィフさんって、倫子さんなん?

「美意延年」
おぉ~♪額に入って、立派な作品になってる~♪

久留米絣バージョン。
この模様好き。
ええやん。フィフさん自分の名の一文字の篆刻印、可愛いのがあるんやね
フィフさんが刻ったものなの?

「濁游亭午時」の方はフィフさんの自筆文字ね(*^ー゚)v 違う?

次のも楽しみにしてまーす。月に何回くらい通ってるんですか?
プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。