スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篆刻・その2

        200510251418142
通っている篆刻教室の文化祭に出すのに作った作品です。

           200510251418144
     作品アップ

「孤雲獨去間」
こうん、ひとりさりて、しずかなり
李白の詩「獨坐敬亭山」の一節です。
眺めのいいところで、静かに流れていく雲を眺めている・・みたいな。
実は、ちょっと前に作った物の使い回しなんだけど…。今回、横位置に作ってみました。
どうぞ、ご感想を

私としては、なんかイマイチ、もうちょいだなぁ‥です。
今作ってる作品がんばろうっと!                 
           20051025141814
ちなみにこれが彫った石です、写真がボーっとしてるけど。鏡に映しながら逆字を彫ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃーい

コメントのリクエストにお答えいただき、ありがとう!
バックの和紙、これ、もともとは表装用の布だったんだけど、
切るのがもったいなくて、カラーコピーしちゃいました。
近づかないと分からんし、色も程よく褪せた感じになりました。
石が歪・・・下手な写真のせいでは?一応正方形の石ばってん。

李白の漢詩やね。
記事みてびっくりしたよ。鏡見て彫るって書いてあるから。
鏡で反転さして、字を書くんやんね。
彫る時はもうきっと一心不乱でしょね。
この一心不乱な部分が魅力のひとつやね。

上手く出来上がったじゃないですか~。
これ石自体が少し歪な形してるの?

どんどん作品が仕上がっていくね。
このグレーがかったバックの和紙も素敵ですね~。

感じて!小宇宙

もちろん下書きします。
最初、出来上がりを紙に書くのですが、結局それがいっちゃん難しいですよ。
それを、逆字にして石に書いて彫る。
簡単に言うとそういうこと。
今度、「篆刻の作り方」をアップしましょうね。

ド素人的質問 その2

おはようございます。
鏡に映しながら逆字を彫る? すごい神業に思える・・・
下書きとかはしないのぉ?

「こうんひとりさりてしずかなり」と、つぶやいてみる。頭よくなったみたいな気がする。
小宇宙、感じます。
プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。