スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太宰府へ、着物で電車


今日はこのイデタチで太宰府に行きました。
もうちょっとシャンと着こなしたいもんだ。
写真に写ると、年齢相応のおばあさん風 仕方がないのだけど・・・

   じゃ、アップしなきゃいいのに

言い訳すると、これは帰ってから撮ったもの、
出がけにそんなことしてたら電車に遅れる!

ちなみにこの着物はリサイクル。
背丈は同じだけど、もしかして、あなた、ちょっと太ってた?って感じ
仕立て直しなしで着ています。
ビミョ~に幅が大きい気がします。

目指すは
太宰府は九州国立博物館の
「ベルリン国立美術館展」
フェルメールの『真珠の首飾りの少女』です!

月曜でも休館ではない今日を選んだのに、それを知っている人ってけっこういるんだ~
そこそこ多かったですよ。

宗教画が中心でしたけど、ドイツ、というかベルリンらしい美術展だった気がします。

17世紀のヤン・ダフィッツゾーン・デ・ヘームという画家の
『果実、花、ワイングラスのある静物』という絵が印象的でした。

121112_1244~01
帰りに太宰府の参道からちょっと入ったところにある「古香庵」に行きました。

121112_1249~01
最近こういうところが落ち着くのは・・日本人だから・・それとも、歳のせい?









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。