スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口笛が流れる港町

チャンネルを変えていたら、
BSプレミアムがチラッと見えた。

青い服を着た女性が波止場と思しき所に佇んでいる。
CIMG4315.jpg

こ、これは!
見るからに、昭和の「渡り鳥」的画像
(私だってさすがにリアルタイムで知っているわけじゃなくて・・と、弁解)

女性はあり得ない程セットしたての髪に
かっちりしたハンドバッグを提げ、黒いハイヒールを履いている。
いくら昔でも、こんなきっちりした人、世の中に実際には存在しないゾ。

ちょっと引くと画面左手に
角材?鋼材?
なんか四角い資材の山があって、その上に
CIMG4316.jpg

な、なんと!
ギターを抱えた男が座っているではないか!
ギターをポロリン♪

出た!これが小林旭だ。

びっくりした~
ちょっと、どこ座ってんのよ!って感じ。

ここで、先ほどの青い服の女性が言った言葉にまたびっくりした。

 「あなたって不思議な人。時々とんでもないところにいるのね」

え~~!
それ、言っちゃっていいの?

もっと引いたら、港湾労働者のおじさんがドドーッとやってきて
「どっから登ったんだよ、ったく、あぶねぇじゃねぇか、どいたどいた!」
とか言いそう。

だめだ。
こういうの笑わずに見られない。
もう、コントにしか見えない!

この場面を一瞬見ただけだけど、笑えて仕方ないのでした。。


確認したら  『口笛が流れる港町』 


で、なんで画像があるかというと、
あったのです、渡り鳥シリーズ全作品!恐るべしTSUTAYA

映画の続きは追記で見てください。あらすじはナシですが。

でも、案外面白かったのです。
何もかもあり得ないけど、なるほどカッコ良かったのです、小林旭さん。

これは1960年の作品。昭和35年です。戦後わずか15年ですよ。
日本、頑張ったんだな~と思う。
まだ世の中は深刻な公害を伴うことも知らずに
高度成長期に向かってこれから爆走という時代の映画ですよね。

いろいろ考えていたら、ちょっとした【考察】書けそうです。

でも、やっぱり
渡り鳥ったって、旅人!荷物は?
幾らなんでも裸のギターだけっていうのはねぇ。
生ギターをケースにも入れんと、雨降ったらどうすんの?

もー、突っ込みどころ満載。


CIMG4311-1.jpg
始まったらいきなりこれ。西部劇?もう笑うしかない。。
これがかの有名な渡り鳥シリーズのオープニングなのだ!

CIMG4309.jpg
主人公と宍戸錠扮する「ナントカのジョー?」との出会いの場面
ここで銃を撃ち合って、いずれ決着を、とか言うの。
えーーー! すでに犯罪だべ。。

CIMG4312.jpg
CIMG4310.jpg
タイトルと、出演者。小林旭と浅丘ルリ子さん!
この二人、当時事実婚状態だったんだそうですよ。
浅丘ルリ子さん、若干20歳!

CIMG4314.jpg
馬車ですよ!?
ここは実は宮崎で、宮崎空港も出てきたし、えびの高原のロッジも出てきました。
でも、馬車ですよ!

CIMG4313.jpg
これは宮崎のお祭りのシーンなんだけど、
人垣の前をずんずん行っちゃう
東京から帰った大学生のお嬢さんと使用人風のお兄さん。
随所にあり得ないがいっぱい!
でもなんかカッコいいのよね。

CIMG4320.jpg
バンバン打ち合った末に、悪い奴らと宍戸錠は捕まって行っちゃうけど、
小林旭さんは捕まらないの。拳銃たしかにぶっ放したのに?
何人か殺したよ?少なくとも重要参考人だべ
その前に銃刀法違反でしょう。

で、港町的場面はあの、偶然見つけた港での風景だけ。
後は全部山だったんですけど?
なぜ「口笛の流れる港町」?
タイトル違和感。

渡り鳥シリーズは、1959年から1962年のわずか4年の間に
以下の9作品が作られてます。

ギターを持った渡り鳥
口笛の流れる港町
渡り鳥いつまた帰る
赤い夕陽の渡り鳥
大草原の渡り鳥
波涛を超える渡り鳥
大海原をゆく渡り鳥
渡り鳥北へ帰る
渡り鳥故郷へ帰る

シリーズ中、「口笛の流れる港町」だけ
題名に「渡り鳥」と付いてませんね。

DVDを探しに行った友達と
タイトル見ただけで、TSUTAYAの中で笑い転げちゃったよ。

いや~、なかなか立派な娯楽作品でした。ホントに!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。