スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンディングノート

先日、「樹木葬」という話を耳にしました。
福岡辺りにも急速に普及してきたみたいです。

CIMG4600-1.jpg

墓標のかわりに木が植えてあって、お彼岸には法事もやってくれて
永年供養もしてくれて、要するに共同墓地みたいになってるものらしいです。
それで一括、30~50万という話でした。

それでよくない?
という話です。

私たちがそうであるように、子供たちも将来ここに戻るとも思えません。
お墓とか建てても大変で、負担になるだけだろうし。
という話ですよ。

主人は、私は散骨でいい、とかいうのです。
え~、散骨!
特に海が好き、とか聞いたことないけど?故人の意思、ですか?

散骨する場合ってやっぱり役所に届けるのかな?
埋葬許可証とかいるくらいだからやっぱり届けるんじゃない?とか
話はどんどん変に具体的になっていきます。

別に、さし迫っているわけじゃありませんけど。。

で、主人が
「そろそろあれも書いといた方がいいやろ。 ほら、あれ。 デスノート

そんなノートあるんやったらちょうだい!


・・・エンディングノートといいたいらしい・・・

CIMG4604-1.jpg





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「ほらあれ、なんだっけ?」って時はいつも、
思い出したと思ったらニアミス的な
カスってるけど違うのよね。

いつも、近い!惜しい!

何でカスるかな?って子供に言われます。
まぁ、君もすぐだよって言ってやりますけどね。

No title

当たらずといえども遠からずって雰囲気の「デスノート」でんな(笑)
プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。