スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形供養&博多界隈

12月13日土曜日は、博多千年門近くの祥勝寺というお寺で
人形供養が行われました。
あら!もう1週間も前のことですね。

今年はがんばってお片づけをしていますが、
(なかなか、というより、ちっともはかどりませんが)
もうずっと、箪笥の上の貴重なスペースを埋めていた
でかいお人形ケースに入った武者人形とめおと人形?の合計三体を
お供養してもらいに行ってきました。

お薦めの D&DEPARTMENT FUKUOKAが斜め前にあるので、モチベーション的にはそこのランチが狙いですけどね。

お人形は捨てがたいです。

CIMG4793.jpg

ぬいぐるみを大切にしていて、元祖ヌイドリを自負するうちとしては
飾らない人形といえど捨てるのは忍びないです。

行ってみたら、たくさんの人。
入り口で記帳をして幾らかのお布施?志?を置いたら
奥の部屋に積まれている人形を入れたたくさんの紙袋の横に
三体のお人形を置かせてもらいました。

博多人形師の協会で祥勝寺に委託してやっている供養なのだそうです。
承天寺というお寺の一角にあります。
この頃できた、博多千年門が真ん前。
その千年門を挟んで D&DEPARTMENTがあるのです。

けっこう不思議な空間です。でもとても福岡っぽい。

CIMG4841.jpg

人形供養に行った時は、写真は撮らなかったので、
春、ウォーキングに行った時の博多界隈を載せておきます。
上は多分、聖福寺。
呉服町、祇園町界隈、全部歩いて回れる範囲にあります。

CIMG4821.jpg

まずは、博多祇園山笠の櫛田神社。
いつも飾り山が飾ってあるらしい。

CIMG4823.jpg

そのお櫛田さんの門前を走るFUKUOKAオープントップバス、のお尻。
屋根なしの観光バスです。青と赤があります。

CIMG4824.jpg

CIMG4825.jpg

博多町屋館 中は博物館みたいになっています。

CIMG4833.jpg

ここは、御笠川のほとりにある「濡れ衣塚」
濡れ衣という言葉の語源になった伝説の地だとか

CIMG4831.jpg

その時、官兵衛のお墓にも行きました。
次回、最終回だわ・・・って、今日か!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

akikoさんへ

食事前にカメラ構えるのはどうも・・
食べるのが先じゃ!なのダ
食事といえば渋谷のヒカリエの8階?
にD&DEPARTの食堂?があったよ。
東京店も見てみて~
雑貨屋に近いけど、昔からのいいものを、っていうか
基本、新しいものは作らない、がコンセプトらしい。
京都店もいいよ
TOPページからあっちこっち見てみて。
47都道府県に支店を置くを目指しているそうだ

目鼻がなくても名前ついてただけで棄てらんないよね
コンポユータ君だよ
コロちゃんとゴンちゃん置いてあげられないの?

No title

本当にお人形は困るの事よね。。。
ウチも隣りの区にあるお寺さんが
随時受付で月1回の供養があるて
アタシの小さい頃の相棒のコロちゃんとゴンちゃん
袋のに入れてスタンバイしてるんだけど
まだ連れて行けないのよねえ(/_;)

こないだ粗大ごみ回収車とすれ違ったら
大きなぬいぐるみが荷台にポツネンと乗せられてて
もう泣きそげだった
本当に目鼻のあるものは困るの事よ。。。

D&DEPARTMENT FUKUOKAって東急ハンズみたいの?
HP飛んだら壊れそうなビルだね(^^ゞ
そこがまたいいのね?
ランチの写真はないのか?
食べ進んでから「あっ、写真・・・」のパターンね?
プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。