スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ旅行・続きその2

2015-03-09 ザルツブルグ1

なんだかちょっとだけ、ヨーロッパの景色に麻痺してきた頃です。
ここはザルツブルグ。漢字の看板が見えますね。日の丸も奥に見えてます。
日本料理店があるようです。
でも、ここでの昼食は中華でした。
みんな、今日のがいちばん食べがいがある、というかおいしい
と言ってました。

2015-03-09 ザルツブルグ

こんな街で普通に暮らしている人がいるんですね。

2015-03-09 モーツワッルト住居跡

ここはモーツアルト居住跡のアパートです。
ここに寄る前にカラヤンの家にも寄りました。
隣りにいた女の子が「カラヤンって誰ですか?」と聞いてきました。
知らないんだ・・・隔世の感あり。
知らないかもしれませんよね。

CIMG6028.jpg

ここがハルシュタット。
ここもこの時期は日本人しかクルーズになんて乗らないとか。
「おがまいねぐ!」
そうはいってもこの時期だからこその景色だったのではないかと思います。
この時期にクルーズに乗らないのは、むしろもったいないと思いました。

ここでは帰りのバスの集合場所を間違えてしまい、
走りに走るという「落ち」がつきました。

CIMG6125.jpg

そして最後に行ったウィーンです。
このシュテファン大聖堂はモーツァルトが結婚式をしたところとか。

CIMG6118.jpg

CIMG6194.jpg

シェーンブルン宮殿にヴェルヴェデーレ宮殿。
クリムトの「接吻」も観ることができました。
とても歩く一日だったのですが、日本から抱えてきた着物を着て過ごしました。
なにせ、夜は「宮殿ディナー&宮殿コンサート」とあったから。
ドレスアップした女の子もいました。
でも着替える暇はないので、朝からその格好で。
着物は、現地の人たちにはあまり反応がなく、むしろ同行のツアーの人たちに
「やっぱり着物はいいわねー」って言われました。
ヴェルヴェデーレ宮殿でクリムトの「接吻」を見た後、
地元の学生さんらしきお兄さんに
「写真、いいですか?」といわれて、(たぶん)
写真に納まりました。

20150310 オーストリア着物

でもなんというか、もうちょっときちんと着れないものかと・・。
半幅ではなくて、名古屋でいいからちゃんとした帯がよかったかな。

20150311 ルフトハンザ航空

帰ってから、チュニジアの観光客狙いのテロとか、
ルフトハンザ機の墜落とかあって、驚きました。
使った航空会社は行きも帰りもルフトハンザでしたし、
着物なんか着てたらそれこそ標的、マトですよ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

akikoさんへ

それにしても、クルーズは日本人しかいないかんじではあったね。
ま、いいけど。
行く前にネットで、海外で着物、tって検索したらいろいろ出てきたよ。
自己満足だとか、危険だとか。
衣装選ぶのに自己満足以外に何かあるのでしょうか?
というわけで、決行したわけです。

あっけないくらい何もなかったよ(笑)

No title

季節外れのクルーズもいいものなんだね?
マジ「おがまいねぐ!!」だよねえ。
また来るね~~ってあるかどうか?
アタシらの歳になると次はない!つもりで生きてかないとね(^^ゞ

でも海外で着物ってすごいわ~~
現地の人の反応がうすいって意外だわね
ちゃんと見ろよ~~~だよ(笑)
にしても憧れる@海外で着物~~
プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。