スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料招待旅行の顛末

近所のスーパーの無料招待旅行に当たった。抽選に当たるということがめったにないので、喜んで友人と出かけた。温泉に行くにしては、ちょっと行程がいびつだなぁ、という懸念は置いといて・・。

朝8:00出発。これはまあ順当。
ところがまず30分程行った所の、毛皮と革製品の製造販売工房とやらに寄るというのだ。
手馴れた感じで案内されるままに奥の部屋に入ると、テープレコーダーのスイッチを入れたように、お兄さんが革製品について説明を始めた。話の途中、適当に笑いを織り交ぜ、おばちゃん受けのするギャグも飛ばして
「お二階のほう、3000点の商品、並べてございます。着てみるだけならタダですのでネ、ぜひお袖通されてみてください。」 だって。
なんか、なんとか商法みたいじゃない?

二階には、なるほど高級毛皮、革製品、ムートン、ショールなど所狭しと並んでいた。ここで30分も時間があるのだ。じゃぁまぁ 着てみるか、タダなんだしと、袖を通すと、すかさず女店員がやってきて
「こういったものは出会いですからね。」
などと言う。値段は、30万とか50万、60万。でもだんだん、
「この色がいいね」
とか
「これよりこっちの丈が着やすいよね」
とか言ってる私。
ショールを羽織ってみるとなかなかいい。するとまた女店員が
「一生ものですからね。4500円のローンにすれば24回で自分のものになりますよ」
だって!
家のローンじゃあるまいし、自分のものになるという言い方も変だと思うけど・・。
そこにいると、10万のカシミアのショールも高くないような気になるし、ちょっと欲しくもなる。危ない危ない。

結局は、無事にその場を切り抜けてバスのたびは続く、となったんだけど、1時間半ほどもバスに揺られて、次に着いたのはカステラのお土産やさん。時間はすでに12時近く。「ん10万」の品物を見たあとだからカステラのお土産、飛ぶように売れてるさ。

1時近くにお昼を食べて、また40分ほどバスに揺られて温泉へ。
2時間ゆっくりしたら、また、今度はバス&船にて、帰路に着いた無料招待旅行だった。
ひたすら乗り物に乗ってた気がする。
帰着は、予定ピッタシの19:20。

それでも、あの毛皮やさんで買ってる人も何人かいたから、招待した側は、無料招待の分を案外取り戻してるのかも。
あの「ん10万」の中に旅行代金、含まれてるのかも。
どういうからくりになっているのでしょうねぇ。

温泉は気持ちよかったから、まぁいいか。これで、温泉がしょぼかったら怒ってるよ、ほんとに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フィフティ

  • Author:フィフティ
  • 現代では生息数が激減、絶滅の恐れさえある専業主婦してます。これが結構大変な仕事なのです。どんな仕事も大変なのさ、ってね。どうぞよろしく。
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。